木材を調べる・探る 公益財団法人 日本合板検査会

概要|沿革・情報公開

JAS法と日本合板検査会の沿革

昭和24年(1949) 社団法人合板検査会設立
昭和25年(1950) 農林物資規格法(JAS法の前身)制定
昭和28年(1953) 社団法人合板検査会設立登録格付機関となる
昭和30年(1955) 財団法人日本合板検査会設立
昭和36年(1961) 農林大臣によるJAS認定工場制度が発足 財団法人日本合板検査会は認定申請の経由機関となる
昭和45年(1970) 農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律(JAS法)の施行
昭和62年(1987) 海外JAS認定工場制度始まる
平成11年(1999) 改正JAS法公布 登録認定機関による認定制度を制定
平成12年(2000) JAS法改正 財団法人日本合板検査会は登録認定機関となり認定業務を開始
平成18年(2006) JAS法改正 農林水産大臣によるJAS認定制度並びに登録格付機関の制度が廃止となる
新たに認定機関の登録を受け、改正JAS法に基づき認定業務を開始
平成24年(2012) 公益法人の認定を受け、公益財団法人として業務を開始