木材を調べる・探る 公益財団法人 日本合板検査会

業務案内|JAS認定

/ 業務案内 / JAS認定

JAS認定

日本農林規格(JAS)に合格する製品を生産・出荷するためには、農林水産省が定める「登録認定機関」の認定を受けなければなりません。
日本合板検査会は、平成17年(2005)に法に基づく「登録認定機関」となり、JAS製品の出荷を希望する事業者の認定および製品のJAS表示(格付)のための検査を行っています。
詳細についてはJAS制度のページをご覧下さい。

日本農林規格(JAS)に基づき、木質建材の検査、証明書発行、性能評価を行っています。

JASに基づき、普通合板、特殊合板、コンクリート型枠合板、構造用合板、フローリング、集成材、単板積層材、枠組壁工法構造用たて継ぎ材、直交集成板などの検査を行い、検査に合格したものについて証明を発行し、皆さんが安心して使用できるようにしています。生産した製品のJAS表示を希望する場合は最寄りの検査所にご連絡ください。

日本農林規格(JAS)の登録認定機関として木質建材の製造者・加工業者の認定・監査を行っています。

日本合板検査会認定工場プレート
《日本合板検査会認定工場プレート》
国内外において、加工木材製品にJASマークを貼付し、品質を保証した製品の製造・販売を希望する生産工場へ出向き、施設・設備ならびに品質管理体制、流通体制等がJAS法施行規則に定める技術的基準に適合しているかどうかを審査し、認定、認定取消業務を行います。
また、法の定めに従い、定期的な審査・監査を行い、規格が正しく適用されていることを確認するとともに、生産現場の技術レベルの向上へのアドバイスを行います。